最近わかった女性特有の抜け毛の原因と対策法

女性に特に多いのが「びまん性脱毛症」。頭髪全体が薄くボリュームダウンするのが特徴で、年齢やホルモンバランスや食生活、生活習慣の乱れが関係していると考えられています。

 

女性は髪が薄くなったことに気づきにくい

以前は、加齢による女性ホルモンの減少で、薄毛になる女性が多くいました。しかし最近では、20代や30代といった閉経前の若い女性にも脱毛症の症状が見られることが増えています。
また、女性の場合髪の長さでサイドの髪が薄くなっていることに気づくことが遅れる場合もあります。
アップスタイルの髪型にするとき初めて薄くなっていることに気づく場合もあるのです。

 

ストレスがたまると男性のような薄毛に

現代の女性は社会進出に伴い、男性以上にバリバリ働く人も増加傾向にあります。睡眠不足や食生活の乱れなど、不摂生な生活を続けることで女性ホルモンが減少し、結果として男性ホルモンが優位になることも。
また、仕事や人間関係など多様なストレスで生理不順や無月経といった症状を起こし、薄毛を進行させやすい状態にしている場合もあります。

 

出産後はごっそり髪が抜けることも

男性が生え際や頭頂部などの部分的な薄毛になるのに対し、女性の場合は髪全体が薄くなることがほとんどです。この症状以外にも、ポニーテールなどの髪に負担のかかるヘアスタイルによる「牽引性脱毛症」や、出産後に抜け毛が増える「分娩後脱毛症」もあります。

 

抜け毛を予防するためにすること

シャンプーで抜け毛を防ぐ

シャンプーをする前は、たっぷりのお湯でしっかりと予洗いしましょう。それだけでもほとんどの汚れが落ち、シャンプーの泡立ちも良くなります。
シャンプー後はしっかりとすすぐことも大切です。洗い残しがあると、頭皮の炎症やかゆみ、抜け毛の増加など様々なトラブルを招くことになります。頭皮が弱い方や、抜け毛で既に悩んでいる方は女性 薄毛 シャンプーを使うのをおすすめします。

 

ドライヤーできちんと乾かす

髪を洗った後は自然乾燥ではなく、きちんとドライヤーで乾かしましょう。濡れたまま放置すると雑菌の繁殖が加速し、頭皮トラブルの原因になります。髪から10センチ以上話した状態で、根本をきちんと乾かすことが大切です。
最後に冷風を当ててセットすると、キューティクルが引き締まってツヤのある髪になります。

 

眠る前にTVやスマホはNG!

質のいい睡眠を確保するためには、夜の12時までには眠りましょう。また、眠る前にテレビやスマホなどの液晶の光は眠りを妨げる原因になります。暗くした寝室で、できればライトをつけない状態で眠りにつくことがおすすめです。

 

PR人気のエイジングケア化粧品とうきのしずく リセラはコチラからチェック!